適正な労務リスクマネジメントについて一緒に考えてみませんか、「人事労務」の専門家が身近にいる安心を感じてください。

厚労省が介護の生産性向上で提案募集

厚生労働省は介護事業者やテクノロジー開発企業から介護現場の生産性向上につながる提案を募集しました。
介護業界において、生産性の向上は喫緊の課題であり、高齢化社会が進む中、効率的かつ質の高い介護サービスの提供が求められています。本コラムでは、この提案募集の詳細とその意義について解説し、介護事業者がどのようにしてこの機会を活用できるかについて考察します。

提案募集の背景と目的

厚生労働省は、介護現場における生産性向上を図るため、介護ロボットやテクノロジーを活用した新たな取組を支援しています。今回の募集は、特に介護事業者やテクノロジー開発企業が主体的に提案する形で、現場での実証を通じて効果を測定し、その結果をもとに改善を図ることを目的としており、「2024年度介護ロボットなどによる生産性向上の取り組みに関する効果測定事業」として三菱総合研究所に委託して行われます。

具体的には、介護現場において高い目標を設定し、新たな取組や複合的な取組に積極的に挑戦する事業者を対象とし、その取組の中から効果が高いと考えられるものを選定し、実証を行います。これにより、ケアの質の確保や職員の負担軽減等の観点から、生産性向上の効果を実証し、評価・改善を行います。

提案募集の内容

提案する事業者は、介護施設の利用者の生活の維持・向上と介護業務の効率化、職員の負担軽減を図ることに積極的な企業であることが求められます。また、実証を行う介護施設を自ら選定できることが条件です。

実証を行う介護施設の要件

  1. 日本国内に所在する介護施設であること。
  2. テクノロジーや介護助手の活用を通じて、利用者の生活の維持・向上と介護業務の効率化、負担軽減を図る意向があること。
  3. 実証を遂行するための事務管理能力があり、そのための体制が整備されていること。
  4. 利用者、職員および関係者の同意が得られること。
  5. 対象機器や介護助手の導入・設置が可能であること。

提案に含むべき内容

提案は、生産性向上の取組内容を具体的に示し、実施計画案を含める必要があります。また、実証を実施する介護施設の業務の見える化、業務の明確化と役割分担の取組、および取組による具体的な達成目標を記載します。

対象となる取組手法

取組手法は、テクノロジーの活用や介護助手の活用など、複数の取組内容を含むパッケージ型の提案であり、汎用性が見込まれるものである必要があります。

提案募集から事業終了までの流れ

  1. 募集期間:令和6年5月30日(木)~6月21日(金)17:00必着。
  2. 採択結果通知:7月上旬に通知。
  3. 実証の調整:7月中に事務局と内容を調整。
  4. 実証の実施:8月~12月に実施。
  5. 謝金支払い:令和7年2月~3月に60万円(税込)を支払い。

まとめ

厚生労働省のこの提案募集は、介護現場における生産性向上を目指す介護事業者やテクノロジー開発企業にとって、大きなチャンスです。介護サービスの質を高め、職員の負担を軽減するための新しい取り組みを提案し、実証することで、業界全体の発展に寄与することが期待されます。
詳細については、厚生労働省の公式サイトをご参照ください。

厚生労働省 介護現場の生産性向上に関する提案募集

ページの先頭へ