練馬区・杉並区エリアで介護・福祉業界に強い社労士をお探しの方、「人事労務」の専門家が身近にいる安心を感じてください。

人事考課制度

人事考課制度とは職員の勤務態度や能力、行動等を評価する制度のことです。
一般的にはこの評価結果を判断材料として、人材配置、教育、昇給や昇進、昇格を決めたりします。


人事考課に求められることは、公正性と、納得性の2つです。
公正な評価制度であるために、評価項目や評価基準が明確であること、そして「会社が期待する人材像」が具体化されていることが必要でしょう。当然、職員にとって望ましい評価の基準となるモノサシを提示することも重要です。

また、職員の納得性を得るためには、人事考課の方法やルールをオープンにし、評価結果を本人にフィードバックすることも必要でしょう。

人事考課と面接制度を連動させることにより、組織内のコミュニケーションが強化され、組織風土を活性化させることができるということも、人事考課の二次的な効果になります。

ページの先頭へ