適正な労務リスクマネジメントについて一緒に考えてみませんか、「人事労務」の専門家が身近にいる安心を感じてください。

東京都による介護外国人従事者受入れの人材紹介費用補助について

東京都は、介護分野での外国人従事者の受け入れを促進するため、人材紹介費用の補助を行っています。この補助金は、介護事業所が特定技能外国人や留学生を雇用する際に、受入れ調整機関(登録支援機関や職業紹介事業者等)の活用にかかる費用をサポートするものです。この記事では、この補助金の詳細や申請方法について解説します。

補助金の概要

東京都は、介護事業所が外国人従事者を受け入れる際の人材紹介費用の一部を補助しています。この補助金は、特定技能外国人や留学生の雇用を支援するためのもので、受入れ調整機関に支払う人材紹介料の一部が対象となります。

  • 対象経費: 受入れ調整機関に支払う委託料(人材紹介に係る部分)
  • 補助金額: 一人当たり最大30万円(補助率1/2、特定条件で2/3)

対象者と対象事業

この補助金の対象となるのは、東京都内に所在する介護サービスを提供する施設および事業所です。具体的には、特定技能外国人や留学生を介護職員として雇用する事業所が対象となります。

対象経費の詳細

補助金の対象となる経費は、受入れ調整機関に支払う人材紹介料です。例えば、特定技能外国人1人の紹介料金として40万円を支払った場合、補助金交付額は基準額30万円(10万円分は対象外)×補助率1/2=15万円となります。

特定技能制度に基づく外国人介護従事者受入れ支援事業

もう一つの新規事業として、特定技能制度に基づく外国人介護従事者受入れ支援事業があります。この事業では、特定技能外国人が介護施設で働く際に必要な日本語学習や専門知識学習の経費を補助します。

  • 日本語講師の謝金
  • 講習会受講料
  • 教育教材費
  • インターネット回線使用料
  • 学習備品・消耗品の購入費

補助金額は、特定技能外国人1人当たり67万円を基準に算出(補助率1/2)されます。

対象者と対象事業

この事業の対象となるのは、東京都内に所在する介護サービスを提供する施設および事業所です。特定技能外国人を介護職員として雇用する事業所が対象となります。

まとめ

東京都による介護外国人従事者の受入れ支援は、介護事業所にとって大きな助けとなるでしょう。これらの補助金を活用することで、外国人介護職員の雇用コストを抑え、介護現場での人材不足を解消することが期待されます。詳細な情報や申請方法については、公益財団法人東京都福祉保健財団の公式サイトをご覧ください。

【参考リンク】 公益財団法人東京都福祉保健財団公式サイト
【参考資料】令和6年度外国人介護従事者受入れに係る受入れ調整機関活用経費補助金
【参考資料】令和6年度特定技能制度に基づく外国人介護従事者の受入れ支援事業のご案内

ページの先頭へ